日本橋麺類巡り~ラーメン・そば~ 日本橋麺類巡り~ラーメン・そば~
日本橋麺類巡り~ラーメン・そば~
人形町・浜町エリア

2022.01.24

日本橋麺類巡り~ラーメン・そば~

オフィス街にラーメン屋ありということで日本橋はラーメン店が豊富です。

今回は人形町にある『駄目な隣人』をご紹介します!

 

■駄目な隣人

住所:東京都中央区日本橋人形町3–7-13 日本橋センチュリープラザ 1F

(東京メトロ日比谷線,都営浅草線 人形町駅 A5出口 から 徒歩30秒内 人形町駅から61m)

営業時間:11:00~スープ無くなり次第終了 日曜営業 不定休

 

今年の2月で開店1周年を迎える当店ですが、いまだにランチタイムは行列が絶えず、その人気具合が伺えます。

ちなみに新宿にも出店しています。

 

15分ほど待つと中へ案内されました。

店内はカウンターが10席。黒をベースとした内装は職人の雰囲気を感じさせます。

 

ラーメン SUPREME 1,150円を注文。

 

注文から数分で提供して頂けました。上品な見た目です。ビストロのシェフ開発の濃口醬油スープがウリとのこと。

 

まず当店を特徴づけているのは卓上無料トッピングの多さです。

・焼き海苔

・ニラ胡椒

・生卵

・鰹節粉

・かえしの醤油

・ペッパー

 

焼き海苔は日本橋に店を構える創業170年以上の海苔店から仕入れるなどトッピングにも拘りを感じます。

トッピングのせ放題なのも太っ腹ですね!

 

当方繊細な味の違いはなかなか気づけない未熟者ですので、脳内は好きか好きじゃないかの2択になりますが、これは大好きでした。

すっごくおいしい。クセの少ない部類になると思いますので万人にオススメしたいです。

 

■新宿店のご案内

住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目27-2

(歌舞伎町方面、TOHOシネマズのゴジラから見て右手線路沿い)

営業時間:11:00~スープ無くなり次第終了 日曜営業 不定休

 

新宿店もメニューは同じのようです。

 

食べる前に下調べをせずふらっと入った為どのようなラーメンを出しているかは知らなかったのですが、その独特な店名から特殊なラーメンをだすのかなと思っていました。

 

ところがいざ食べてみるとベースは王道の醬油ラーメン。

王道+こだわりの追加要素という印象を受けました。

 

王道にプラスαといえば日本橋の蕎麦屋『京都鴨そば専門店 浹(あまね)』も同じように普遍的な蕎麦でありながらこだわりの出汁と鴨肉で人気を博しています。

 

 

■京都鴨そば専門店 浹

住所:東京都中央区日本橋小舟町4-10 西村ビル 1F

(東京メトロ 銀座線・半蔵門線「三越前駅」(A4出口、A6出口)より徒歩5分)

営業時間:【月~金】昼の部11:00~14:30 夜の部5:30pm~22:30(LO22:00)

土・日・祝定休

 

昼は京都そば専門店、夜は居酒屋として営業しています。

 

オシャレできれいな内装、高級感のある外観で非常に居心地のいいお店です。

印象としては女性のお客さんが多いです。

 

上の写真は一番最近に行った時の物で、『鴨ざる(冷)』1200円です。

 

小鉢に鴨肉がありこれが絶品です。そばは石臼挽きの太めでコシがあります。

さらに地味ですが九条ネギが本当に美味しくてクセになります。

量は麵が太い分ちょっと多めかもしれません。

 

三越前駅からコレド方面に進んで首都高の下をくぐった先にあるのでアクセスだけ難点ですが、訪れる価値は間違いなくあると思います。

 

特に出汁にこだわっていて、毎朝昆布と削り節で無添加の出汁を取っているとのこと。

お店のオススメは『鴨そば(温)』、鴨と自慢の出汁を楽しめるとのことです!

 

夜は私はお邪魔したことないのですが、おいしい日本酒とワインが楽しめる京風居酒屋を謳っています。

夜には様々な鴨料理を楽しめるようで近いうちに行きたいと思います。

 

綺麗なお店もいいですが、たまにはジャンクなランチでがっつり食べたくなる日もあります。ニンニクあぶらたっぷりのような。

そんな時に見つけたのが二郎系ラーメン『火の豚』です。

 

■『火の豚 人形町駅前店』

住所:東京都中央区人形町3-7-14

(東京メトロ日比谷線 人形町駅 A5番出口 徒歩1分)

営業時間:[月〜土・祝]11:00〜21:00(中休み無し)

[日]11:00〜15:00  L.O.15分前

 

店内は7席のL字カウンターのみ。

店の外には大きな垂れ幕があり二郎系ラーメンの写真がでかでかと写っています。

 

これが現物。『ラーメン』750円です。

 

トッピングはニンニク・ヤサイ・生姜があります。

固形のアブラはデフォルトで乗っています。

 

最近スープをブラッシュアップしたそうで、お昼時は大体数人が並んでいます。

 

麵は太めの平打ち麵で嚙み応えがあり、スープは濃いめですがさらっとしています。

チャーシューはかなり分厚く、モチモチした食感でかなり美味しかったです!

 

なおこちらのお店は二郎と蒙古タンメン中本で修行した店主が開発した、二郎系+中本の『フュージョン』というメニューが有名のようです。

 

 

『フュージョン』は二郎系に蒙古風麻婆豆腐を乗せたもので非常に興味をそそられます。

今度訪れた際にはこちらで紹介したいと思います!

 

いかがでしたでしょうか。

今回は日本橋のお洒落なラーメン店『駄目な隣人』と蕎麦屋『京都鴨そば専門店 浹』、二郎系ラーメン『火の豚』をご紹介しました。どれもイチオシです!

 

ちょっと歩いて普段いかないところを探すとこういった素晴らしいお店との出会いがあったり思わぬ発見がありますね。仕事でも何でも毎日視野を広く生きていきたいものです。

 

これからもドシドシ紹介していくので宜しくお願いします!

 

おがた

著者:tachioka

埼玉出身の97年生まれ。映画とあらゆる食べ物が好きです!日本橋の魅力をたくさん発信できるよう頑張ります。 よろしくお願いします。

関連記事